働くこと=人生の中で何を実現していくべきか

   


人生80年。

これを今イメージできた人はどれだけいますか?
10代の人にはほど遠いように感じるでしょう。

では、働き始めた人、現在働いている人にとってはどうでしょうか?

よりイメージが鮮明になってきていませんか?

30代、40代、50代、60代とどうなっていきそうか。
だいたい予測がついてきそうになってきていませんか?

人生80年だとして、あんたが大学卒業後から働きはじめたとして定年を65歳としましょう。

65歳ー23歳=42

つまり42年間くらいは仕事と密接な関係であるわけです。
定年が70歳になったら、47年間です。

人生そのものと言っても過言ではないと思います。

年金もこれからどうなるかなんてわかりません。
現在では退職金のない企業なんて過去と比較すれば山ほどあります。

となれば一生稼いでいかなければならないなんてことも冗談ではなく現実としてありえます。

そんなことを考えれば考えるほど、もっと仕事というものに対して向き合っていかなければならない。
人生の半分以上を占めるであろう仕事というものに対してね。

働くということと同時に色々と実現していきたいこともあるはず

マイホームを持ちたいなんて人もいるでしょう。
子どもを大学に通わせたいなんて人もいるでしょう。
海外に住みたいなんて人もいるでしょう。
田舎で自給自足で暮らせるようになりたいなんて人もいるでしょう。

仕事を通じて実現していけることもあるでしょう。

仕事なんて本当に日々のことです。

イヤイヤ働くなんて何十年も続けたくないでしょう。

仕事を通じて得たいことを考える機会をつくっていますか?
仕事で得られないなら、それはどこか違うところで得られるものですか?

そもそも何が得たいのかとか考えたことはありますか?

毎日を充実させるにはそこが必要かと思います。

ただただ過ごす毎日。
単調な毎日だと思っているから面白くないんじゃないですか?

僕は週末に日本一を目指してラクロスをやっています。

そんな週末のために働くなんていうのもいいでしょう。

家族との時間を確保するために働くなんていうのもいいでしょう。

理由なんてなんでもいいんです。
それぞれ感じ方も違うでしょうし、何を大切にしているかも違いますからね。

仕事からも得たいし、プライベートからも充実を得たい

仕事が充実していればプライベートも充実し始める。
仕事とプライベート、密接な関係がありますね。

週休1日と週休2日とでも大きく変わってくる。

起業している人なんかは忙しい云々というわけじゃなくて、常に頭の中には仕事というのがある。
常に顧客に対してどうしたらもっといいのか考えているから。

まあそれは起業している人に限らず考える必要があるとは思います。

そんなことを考えるのが好きな人は常に充実しているかも知れませんね。

人によっては休日は完全に別のことでリフレッシュなんていうのもあり。

どんな過ごし方が自分を充実させるのか。

よく知っておきましょう。

仕事の充実=プライベートの充実=人生の充実

あなたは今のところ自分の人生に点数をつけるとしたら何点がつけられますか?

 

 

 - 週末起業の心得 , , , ,