企業や顧客から給与や代金を受け取り働くということは責任を背負うということ

   


学生と企業に属する社会人の最も大きな違いは責任感。
もちろん身に付いている人もいれば、そうではない人もいる。
学生はお金を支払い利用する側であり、就職後はお金を受け取りモノやサービスを提供する側。
学生を終えた後は立場が全く異なる。

わかっていないと戸惑い続けることになる。

それを採用する側と採用される側という観点から見ていきたいと思います。

人とお金、生きていく限りはつきまとってくるもので関係がないとは絶対に言えない。
あなたが知っているもの、知らないもの色んなところで関係しています。
企業に勤めてからではなく勤める前からあなたにお金はかかっています。

ご存知でしたか?

転職エージェントを利用したとしたら・・
採用のために求人サイトに掲載する掲載費用。
採用が決まったときに支払われる成功報酬。
採用者に支払われる賃金。
ざっとこれだけかかります。

例えば1人採用が決まったとして掲載料10万円、成功報酬は採用した人の年収の30%、その人の年収を400万円としたら・・・

ざっと10+400×30%+400=530(万円)

3人採用したとして1,590万円。
結構大きな金額が動きますよね。そのうち2人が1年程で辞めてしまったとしたら・・・
もう大変。

これだけの費用がかかるわけですから、基本的にはそれを超える貢献をしてくれそうな人を採用する。
それを見極める為に筆記試験を設けたり、面接を行って厳選していく。

まずここでウソをついていたらお互いの為にならない。

だからウソをつかず本音でぶつかっていくことをオススメします。
さすがに全てを見抜くなんて無理ですからね。

ちょっと話を戻すと、これだけ費用や時間をかけて採用しているだけに責任が生じる。
働いて、毎月賃金を受け取るにあたっても何らかの貢献をしていくという責任が生じる。

雇われている側というのはおそらくそこまで意識できている人はいないと思う。
なぜかというと立ち位置が違いすぎて、意識するに至らないから。

でも、本来は意識すべきところ。
特にこれから独立を考えている方は意識するどころか絶対身に付けておかないといけない。

自分にはこれだけの費用がかかっているんだからやってやろうという視点は恐らく経営者視点。
もちろんそうやって結果を残していけば昇格にもつながる。
トップからみたときの自分をどれだけ俯瞰して見ることができるか。

実はこれが雇われていたとしても上へ上がっていく為には必要な視点なのではないかと思う。

何かを任せるにしても責任感のない人には何も任せられないですし。

主体性を持って行動することが責任感が身に付く一番の近道

これは体験談でもあります。
誰かの指示を待つだけで、言われたことをこなすだけでは責任感はなかなか芽生えません。
なぜなら、「あの人にああ言われて、こうやったから失敗した。」なんていうことになるから。

では、逆に自分で考えてこうしようと思っていますと提案し、責任を持って自分で進めていったとしたら誰かに責任を押し付けるなんてことはできません。
責任を背負うというのは当然ながら不安が伴います。
その不安をぬぐい去るには責任を背負って自身ですべてをやりなさいというわけではなく、協力してもらってでも最後まで成し遂げることが大事です。

すうすることで自身につながります。

人って単純なもので、小さな成功も大きな自信に変わります。
人の成長には小さくても大きくてもいいので成功体験をするというのが必須です。

下の世代、部下が育たないのはもしかしたら上司のできる上司のあなたのせいかも知れません

部下に責任感が芽生えないのは部下にできる仕事でさえも上司が抱えているからかも知れません。
そういう場合は委任しましょう。
人は任されて責任を負うことで成長することもあります。

一人一人が自身の責任を認識し、全うしていくことで企業も成長します。
企業とは言え結局は支えているのは商品でもなく、サービスでもなく人ありきなんです。

ということは企業の存続は人財の育成にかかっているといっても過言ではないと思います。

ドンドンとどんな社員にも仕事を任せられるような状態になれば企業もいい状態であるかも知れません。

自身の成長が感じられる成長環境のある職場、周りのサポート体制もしっかりしているとなったら入りたいと思いませんか?
自身の成長を感じられる毎日を過ごせるというのは誰もが嬉しいと思う。
そんな環境をつくっていけば離職率も下がるだろうし、採用に困ることもなくなる。

顧客の満足度をあげるのはもちろんのこと。
平行して社員の満足度もあげていくことが地味かも知れないが顧客の満足度につながる。

企業が人を育て、人が企業を育てる。
どっちにも関わっていけたら僕は恐らく楽しい人生になるんだろうなと想像できる。

仕事や職場を通じて多くの人を幸せにしたいし、将来のこどもたちが希望の持てる将来を描くことができるように自らが輝いていたいと思うし、同じ世代をもっと輝かせていきたいと思う。

締めが自己満みたいになってますが(笑)
それぞれが毎日を楽しいと思って過ごせるようになれば、将来は変わると思っています。
そのために自分ができることを一生懸命やっていきます。

 

 - 学生時代に知っておいて欲しいこと , , , ,