募金箱を持って1日立つくらいならブログを作成したら?

   


毎日街を歩いたり通ったりしていて思うことがあります。
なんでこの人たちは一番効率の悪いことをしてるんだ。
もっとやり方があるだろう。
1日声を枯らしてどれだけの人がこの箱にお金を入れているんだ?
こんなことなら1日バイトしたほうがいいんじゃないのか?
何か違う事業を起こしてその利益をそこに回せるように頑張ったらいいんじゃないか?
なんでいきなり他人頼みなんだ?
本当にここにお金を入れたとしてどれだけ役に立つんだ?
本当に言った通り使われているのか?
もしかしてこの人は誰かに騙されているのか?

いろんなことを思ってしまいます。
これが最善策だと思っているのだろうか。
もっとアプローチ方法あると思うんだけどな〜

いきなり他力本願では先が見えているんではないだろうか

募金箱持って
アフリカの難民がどーたらー
親を失くした子供達がどーたらー
確かにかわいそうだとは思いますよ。
ただそれに対していつまでもアプローチが募金箱を持って声を張るってどうなのよ?
限界値わかるでしょ。
その人の本気度も結局そこまでなんじゃないか。
本当にお金で解決できるなら1日働くほうが効率が良いのじゃないだろうか。
いったい1日どれだけの人が入れているのか。
少なくとも見ているときに入れている人を見たことがない。

こんな人たちがいるんだよーっていうことを広めたいというだけなら成功かも知れない。
でも、きっとそこがゴールではないはず。
そこがゴールだとしたらその募金活動もどうなんだろってな感じになりますよね。

なぜ募金箱を持つよりブログを作成したほうが良いと提案するのか

募金箱を持って大声を出している人の言葉を覚えていますか?
どんな内容でしたか?
足を止めてまで話を聞いたことがある人がどれくらいいるでしょうか。
ほとんどの人が記憶に残っていませんよね。

その理由はいくつかあると思います。
その中でもおそらくこの二つが圧倒的に多いと思う。
1、興味がない
2、少し興味があっても聞き流す程度で終わってしまっている

そこでなぜブログを書くことにつながるかというと・・・
「1、興味がない」という人に対しては興味がないんだからどうしようもないから諦める。
正直すべての人をこっちに向かせようなんて無理な話なので。
ただし、潜在的なところを掘り起こせるかも知れないというところでは重要。

何かを目にして瞬間的に興味を持つ人もいるでしょう。
そんなときは今のあなたならどうしますか?
おそらくスマホを握り検索していくと思います。
検索したときに見つけて、さらに興味が起こるかも知れません。

「2、少し興味があっても聞き流す程度で終わってしまっている」
そのとき興味があっても何か他の用事が優先されたり、急いでいたりすると完全には情報をキャッチできません。
でも、少しでも興味があれば暇なときに調べるという行動にでるでしょう。
1と違うのはすでに少し興味があるという人だから調べる確率は格段にアップする。

そんなときにWEB上で調べても何も出てこなかったらそこでせっかく興味を持ってくれた人がいても終了。
非常にもったいないですね〜。

あなたは多くのチャンスを逃しているかも知れない

興味を持った人がいても足を止め、手を止め、見ていただけるチャンスを逃しているかも知れない。
あなたは24時間365日募金箱を持って、大声を張り続けられますか?
2兆パーセント不可能だと思います。笑
あなたの思いを興味を持ってくれた人に1から何度も説明できますか?
できるかも知れないけど途方も無い時間と労力襲われることでしょう。

しかし、文章に起こしWEB上にあったとしたらどうでしょう。
あなたが寝ている間にもあなたの思いが届けられているはずです。
あなたがもし他の仕事をしていたとしても、その間にもこの文章は働いてくれています。
尚且つ、違うタイミングで多くの人が興味を持っても同じように目にすることができます。

もしかしたらあなたがすれ違った人たちよりも多くの人が目にすることになるかも知れませんよ。
あなたの活動している地域だけではなく、世界中から興味を持った人が訪れるかも知れませんよ。

そんなチャンスを逃しているかも知れないと考えたらもったいなくありませんか?

僕のこんなブログでも一年以上放置していましたが、毎日読んでくれている人はいたわけです。
メルマガにも登録してくれる人はいたわけです。放置してすいません。笑

Googleさんなんかで検索して上位に上がってきて発見されるかどうかというのは別問題なのでそれはまた「SEO」とかを少し学んでいないとわからないことなのでまた次の機会にでも説明します。

目標に向かっていくにはアプローチ方法は無数あるはず

募金活動をしている人たちはなぜ募金箱を持って、街頭にたって声を張り上げるしかしないのか。
理由はきっと簡単です。
いままで生きてきた中でそういう人たちを多く見てきたから。
またはこの方法が何も自分でアイデアを必要としていないし、考える必要がなくやった感がでるから。

いったい目的が何なのか。
おそらくですが、困っている多くの人を救いたいという気持ちからきているはずです。

でもきっと募金箱を持って声を張るよりも、1日バイトでもしたほうがお金は貯まるはずです。
休日の数時間街頭に立つだけでいったいどれくらいの人を救えるのか。
その活動がダメということではありません。
その思いは大変素晴らしいものだと思います。

でも、より多くの人を救おうと思えばきっとより多くの協力者が必要だし、より多くの資金が必要だと思う。
だとしたら、より多くの人が目にするWEB上にあなたの思いや活動を日々掲載していけば残ります。
興味を持った人が見にきます。
あなたがどんな考えでどんなことをしようと思っているか知ることができます。
街頭で募金箱を持っている一期一会な出会いとは全然違います。

もしかしたら協力者が現れるかも知れません。
もしかしたら資金提供してくれる人が現れるかも知れません。
もしかしたら海外からの協力者も現れるかも知れません。
もしかしたらすごい人脈を持っている人と出会えるかも知れません。
もしかしたらもっと良いアイデアを提案してくれる人と出会えるかも知れません。
もしかしたらあなたをきっかけに多くの人を救えるかも知れません。

ブログ書いてたほうがいいでしょ?

多くの人があなたを街でみかけてもどんな人で何をしようとしていて、現在どんなことをしているのかなんて知りません。
商売人でいったら何かかごにでも入れて持って、必要かどうかわからない人に声をかけまくっている状態。
そんな人からは何も買えません。笑

ビジネスをしていて自分の何百倍、いや何万倍も、寝ている間も働いてくれる営業マンを育てないなんてありえないでしょ?
より多くの人にリーチできて、そこでいろんな情報を得ることができ購入もできたら便利なことこのうえありませんよね。

その人にとって有益な情報であったり、欲しいものを探しているときに目に入るようにするにはまた少し技術が必要になってきます。
Googleさんで検索しても100ページ目なんて見ないでしょ?
「SEO」なんて言葉聞いたことありますかね?

そこに関してはまた次回書いていきたいと思います。

あでぃおーす。

 

 

 - IT , ,